解 答

2019年10月28日

問題は、

https://ameblo.jp/aiyou-shoshi/entry-12539133327.html

 

すべてセンター試験の問題です。

 

問1 2 (2のみ黙字)

問2 2 (他はオウ)

問3 3 (3のみド 他はトゥ)

問4 2 (2のみアー)

問5 4 (4のみエア 他はイア)

問6 2 (2のみアウ 他はオウ)

問7 2 (2のみア)

問8 4 (4のみウ 他はウー) 毛皮はウールじゃないんですね!?

問9 4 (4のみズと濁る 他はスと濁らない)

問10 3 (3のみズ 他はジュ)

問11 2 (2のみアクセントがなく、短く発音する 他はアクセントがあるオーと強く読む)

2019年11月5日

問題は、

https://ameblo.jp/aiyou-shoshi/entry-12541221160.html

 

すべてセンター試験の問題です。

 

問1 3 (equalは第1音節にアクセント 他は第2音節にアクセント)

問2 2 (deliciousは第2音節にアクセント 他は第1音節にアクセント)

問3 1 (architectureは第1音節にアクセント 他は第2音節にアクセント)

問4 1 (advanceは第2音節にアクセント 他は第1音節にアクセント)

問5 4 (registerは第1音節にアクセント 他は第2音節にアクセント)

問6 3 (uniteは第2音節にアクセント 他は第1音節にアクセント)

問7 4 (opponentは第2音節にアクセント 他は第1音節にアクセント)

問8 4 (sufficientは第2音節にアクセント 他は第1音節にアクセント)

問9 1 (atmosphereは第1音節にアクセント 他は第2音節にアクセント)

問10 1 (categoryは第1音節にアクセント 他は第2音節にアクセント)

問11 2 (essentialは第2音節にアクセント 他は第1音節にアクセント)

問12 4 (hamburgerは第1音節にアクセント 他は第2音節にアクセント)

問13 3 (historicalは第2音節にアクセント 他は第1音節にアクセント)

問14 2 (investmentは第2音節にアクセント 他は第1音節にアクセント)

問15 3 (significantは第2音節にアクセント 他は第3音節にアクセント)

2019年11月11日

問題は、

https://ameblo.jp/aiyou-shoshi/entry-12543338248.html

 

すべてセンター試験の問題です。

知らないと答えられない問題が多い感じがします。

 

問1 2 S need ~ing「Sは~される必要がある」S need to~「Sは~する必要がある」

問2 1 「思ったよりも~」 ~than S (had) thought

問3 1 in the end「ついに、最後には、結局は」

問4 4 with nothing「何も持っていない」withは所持を表す。

問5 1 have a look at~「~を見る」closer「より綿密に」がlookを修飾

問6 1 a large「ひとつの大きな」

問7 4 why don't you 原形?「~してはどうですか」How about ~ing「~するのはどうですか」

    How come S V?「なぜSVするのですか」(SとVの順番に注意)

    What do you say to ~ing?「~するのはどうですか」

問8 1 「~の方へ」をdirection「方向」を使って表すときはin the direction ※toは使わない

問9 1 spend O ~ing「~するのにOを費やす」 come up with「思いつく、考えつく」も重要

    discussは他動詞で、直後に目的語itをとれる talkingの場合、talking about itとなる

問10 1 「閉鎖する、廃業する」は close down close offは「~をふさぐ」で目的語も必要

問11 3 「交通量(traffic)が少ない」のを表わすのは light 反対に「交通量が多い」は、heavy

     cf 道(street,road)の「往来が激しい」はbusyを使う

問12 3 「遺伝する」の意をもつのは、run

2019年11月18日

問題は、

https://ameblo.jp/aiyou-shoshi/entry-12543338248.html

 

すべてセンター試験の問題です。

 

問1 4 「~まで」継続ならuntil (till) 完了ならby 延ばす期間を表すにはforを使う

問2 4 「実現する」 come trueは目的語を取らない make sure~「~を確かめる、確認する」

問3 1 副詞句を形成する逆接の副詞を択ぶ even so「それでも」even thoughは後にSVが必要

問4 3 put on weight「太る」

問5 2 in the hope of doing 「~することを希望して」

問6 1 see ~ by appointment 「予約で~を診察する」

問7 2 A, if not  B「BではないにしてもA」 if 節内の省略 if (he is) not a gifted (player)

問8 1 depending on ~「~によって、~に応じて」

問9 4 「垂直の」

問10 1 on the condition that S V「SがVするという条件で、もしSがVするならば」

2019年11月25日

問題は、

https://ameblo.jp/aiyou-shoshi/entry-12547609882.html

 

 すべてセンター試験の問題です。

 

A

問1 A 2 B 2 形式主語構文 It is+[人の性質]を表す語+of 人+to do

問2 3 more or lessには「多かれ少なかれ」以外に「およそ、だいたい」(=about) の意がある

問3 2 「そんなことがなければいいけど」I hope not

     hopeやafraidは、考えている内容が否定でもnotを前置せず、後続節にnotを入れる

問4 2 条件を表す副詞節では、未来のことでも現在形か現在完了を使う。1,4だと仮定法になる

問5 1 it's been open=it has been open  現在完了 この場合のopenは、形容詞(補語)

問6 2 go ahead「どうぞ~してください」相手の行動を促す。

    come about「起こる、生じる」自動詞的に使う cf) bring about「~を起こす」他動詞的

    put it on「それを身につける」 take it up「それを持ち上げる、取り上げる」注:itの位置

問7 1 so farは現在完了形とともに用いて「これまでに~」の意を表す

問8 2 give (one's) consent to~「~に許可を与える」consent「同意、許可」*アクセントはe

問9 2 as recently as「つい最近の」 as early as「早くも」

問10 3 in front of~「~の前に」の of~がない in front は「前方に」の意で使える。

       front ofだけでは使えない

 

B big, white, two-story

家を探すとき、まず「白い家」を頭に入れて探し、次に「大きい」かどうか確かめるでしょう。

頭では「色→大小」で、英語は「大小→色」の順(認識と英語の語順は逆)

2019年12月2日

問題は、

https://ameblo.jp/aiyou-shoshi/entry-12549988174.html

 

 すべてセンター試験の問題です。

 

問1 Don't [ get caught in the rain without] an umbrella.

   cf) be caught in a shower「にわか雨に降られる」

問2 The entertainer was happily [ singing with her arms raised] up in the air.

     付帯状況 with O C「OがCの状態で」cf) with one's arms folded「腕を組んで」

問3 Thank you very much for [ the great advice you gave me]  when I bought my car.

    直前に前置詞forがあるので、節(SV~)を続けられない。まずthe adviceを置いて、

    you gave meを関係代名詞節とする。節内で目的語になる関係詞は省略可。

問4 He applied for a new job, and [ the company called him in for] an interview.

    call in  A「Aを呼ぶ、Aを招き入れる」

    [要注意!] 動詞+副詞で他動詞になる熟語は、目的語が代名詞なら、間にはさむ

    ex) give up, carry out, turn on, turn off, put on, take off

問5 This is [ the 800 yen I owe you for yesterday's] lunch.  owe A B「A(人)にB(物)を借りている」

問6 It [ seems to me  that it was only yesterday] when we last met. it was~when…の強調構文

問7 I wonder [ what it is that is making the noise] upstairs. wonderは目的語に必ず節を取る

    what is making the noise の間接疑問文中に強調構文 it is that(平叙文の語順)が入りwhatを強調

問8 ~, [ compared to less than one second] for men.  one-and-a-half「1.5秒」の表現も注意

問9 ~, [there were no orange trees in sight] at  all. there is構文が先でin sightが後

問10 Science would make [ much less progress without the computer networks used by many  

    scientists to exchange] ideas.  make~progress「~な進歩を遂げる」

    wouldを見たら仮定法を想起→without+名詞がif節の役割

    used by~ 名詞の後置修飾(過去分詞の形容詞用法)

問11 a snake is very careful [ to advance with a minimum of movement so as not to attract] 

    the attention of its victim. 

    be careful to do「注意して~する」に気づけるか 

    be careful of~「~に注意する」では後が続かない

    with a minimum of~「最小限の~で」 attract the attention「注意を引きつける」

    so as not to do「~しないように」→so as to do「~するために」の反対